色の風水

色彩と吉凶

人間は目でとらえる生活空間のなかで生活を営んでいます。そこには必ず色があり、その色から受ける心理的な影響は、私たちが人生を歩むなかでかなりの比重を占めています。

色に対する反応

絵や柄を見るとき、光との合体で網膜回路に複雑な反応を与えます。そして神経作用が働いて、よりよい状態に受け止めたり、ときには気分が落ち込んだりします。

その日に着用する洋服の色やデザインの好みによって、1日の気分すら変わる人もいるでしょう。自分にマッチした洋服を身につければ、浮き浮きした晴れやかな気分で行動できます。それはデザイン的なものもあるかもしれませんが、色彩からも大きな影響を受けています。

つまり人間には潜在的に「吉」や「凶」の色彩があるのです。ましてや活力を養う住まいとなれば、安易な気持ちで色を決めることはできません。

建物の色選びのポイント

建物の色については、以下のことを大事になると言われています。

(1)建物の外壁は、夫または妻の吉相色彩を使います

(2)玄関は家の顔なので、淡く、落ち着いた色を使います

(3)廊下や天井は家族のなかで精神的に繊細な持ち主の吉相色を使います

(4)応接室は、最も頻繁に出入りする家族の吉相色を使います

(5)寝室の壁、カーテン、ベッドカバー、カーペットなどは、使う家族の吉相色の素材を使います

(6)子供部屋は、勉強机の配置とともに色彩を間違わない注意が必要です

(7)居間は家族和合を図る部屋。カーテンやじゅうたんは伸び盛りの子供たちか家長に合わせます

(8)書斎やプライベートに使う部屋は、自分自身の色彩インテリアをコーディネートします

(9)台所は主婦の場所であるから主婦の色彩を使います

(10)浴室は家族のいずれかに合わせ、トイレは家計責任者の色彩を使います

色彩の選び方は家族の十二支生まれ星に決められた色を使うのが、人生を豊かに過ごすコツです。